断糖には消化力が必要

断糖は糖尿病をはじめとした生活習慣病を改善するのに非常に有効な食事法ですが、消化力を高めると効果が上がりやすいのをご存じですか?

 

 

断糖とは読んで字のごとく、糖を断つ食事になり、肉類や魚介類などのタンパク質の摂取量が多くなることから、消化機能を高めることが大切になるのです。

 

 

例えば、肉や魚を食べても、体内でそのままでは利用することができませんよね。
アミノ酸に分解されて初めて使うことが出来るようになるわけです。

 

 

ですが、消化力が低ければ、せっかく食べ物から摂取した栄養も役に立たず無駄にしかならないばかりか、体内で未消化物として残ってしまい、毒素などを発生し体の機能を低下させ、便秘や下痢、腹痛などの症状を引き起こすなどしてしまうのです。

 

 

そうならない為にも、きちんと消化力を高める必要があるのです。
そこでお勧めなのが、朝起きたらコップ1杯の白湯を飲むようにすると良いです。

 

 

白湯を飲むことは消化力を活発にすると良く言われますが、体調が良くない時というのは多くの場合に消化機能が落ちていることが多く、全身の血液なども滞りやすくなり、高血圧や糖尿病などあらゆる体の不調を引き起こす原因になり、これは断糖にも共通しています。

 

 

逆に冷たい水は、胃腸に負担をかけて体を冷やすのはもちろん、胃液を薄めて消化力を下げてしまうので避けたほうが良いでしょう。
また、お茶は飲みすぎると、それに含まれている成分が過剰になったりしますし、利尿作用が働くので、体に負担をかけないのは、やはり白湯が一番でしょう。

 

 

なお、白湯は朝だけでなく、いつ飲んでも問題ありません。

 

 

血糖値を確実にコントロールする糖質を摂らない一番理に叶った治療法!

メールサポートなどもあり、安心して取り組むことが出来ます。

 

画期的な食事法!荒木式糖尿病克服プログラムの詳細を見てみる