独身男性でも出来る調理のコツ

独身男性なら断糖食が難しいと思っていませんか
確かに自分で調理するのは面倒で外食が独身男性多くなるようですが、自分である程度工夫をすることで思ったほど難しいことではありません。

 

 

そして、独身男性でも出来る糖食のコツとしては、ます買い物はスーパの終わりがけに行くと良いですね。断糖食をやるとお米やパンなどの炭水化物と比べると、肉や魚を沢山食べる断糖食では、どうしても食費の負担が増えます。
そこで、スーパーの営業終了前などの時間帯に行われる4割引きや半額セールを利用するのです。すると刺身などは殆ど半額で購入出来ます。

 

 

何より、刺身は腹持ちも良いので多めに買って夕食を済ますことが出来ますし、最近はビールも各社から糖質ゼロの発泡酒なども以前より多く販売されているので、これまでのカロリー重視の糖尿病食に比べて、それほど食べたいものを我慢することがないのです。
私はどちらからと言えばビール党なので、夏場に我慢しなくても良いので、断糖食が実践しやすくなってきたので、とても嬉しいかぎりです。

 

 

また、刺身は生ものなので当日に食べないといけないかもしれませんが、何も刺身でどうしても食べないといけないことはありません。実際に、調理のコツとしては、例えば食材を煮る場合は、煮物を作ると言うよりは、湯がくだけでも良いのです
刺身なら冷蔵庫で保存して、翌日に湯がいて煮て食べてもいいわけです。もちろん、焼いても構いません。

 

 

このようにすれば独身男性でも、簡単に料理が一品出来てしまいます。
煮物などを作ろうとすると、味付けが難しいので面倒なことになるので、それよりは湯がけば簡単に済ませられますよね。

 

 

また、揚げものなら衣つけずに素揚げすれば簡単です。衣に糖質の多い小麦粉などは使えませんし、何よりてんぷらにしたりフライにすると、温度管理が難しくなり、途端に調理が難しくなってしまいます。
それよりは、食材を油に入れてさっと揚げた方が簡単でしょう。

 

 

そして、一番簡単なのが炒めものですね。フラパンひとつで出来ますし、後片付けが楽なのが良いですよね。多くの男性は後片付けが面倒で料理をしたくなくなることか、続かない原因になるからです。

 

 

このように、独身男性でも工夫しだいで簡単にでき、我慢しなくても美味しいものも食べられるので、糖尿病を改善したいと言う方は、案ずるより産むが易しなどで、一度断糖食をやってみるとその効果を実感するうことでしょう。

 

 

糖質を摂らない一番理に叶った治療法!

 

画期的な食事法!荒木式糖尿病克服プログラムの詳細を見てみる