高血糖と高血圧の危険な関係

高血糖の人は高血圧になりやすく、逆に血圧の高い人は高血糖になりやすいという相関関係があることをご存知ですか?
実際に、糖尿病の方の約4〜6割が高血圧を併発しています。

 

高血圧

 

また、高血圧の人は血圧が正常な人に比べて糖尿病になるリスクが2〜3倍も高いようです。そして、糖尿病と高血圧が合併してしまうと、動脈硬化が進行しやすくなり、脳卒中や心臓病の発祥リスクも急上昇します。

 

 

糖尿病だけの人が心臓病や脳血管疾患を発症する危険性は健康な人の2〜3倍になるようですが、高血圧と糖尿病を併発していると、そのリスクは6〜7倍に跳ね上がってしまいます。

 

 

特に糖尿病の人は、高血圧に注意が必要です。血糖値が高くなると、それを緩和しようとして細胞内から水分が血液中に出て、血液量が増えるために高血圧を招いてしまいます。
また、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きが低下するために、、インスリンが過剰に分泌される高インスリン血症になり、これが高血圧を引き起こす一因です。

 

 

血液中のインスリンの濃度が高くなると血管が広がりにくくなりますから血圧が高くなるのです。
高血糖と高血圧はともに血管に大きなダメージを与えるので、腎臓の低下や神経障害などの糖尿病の合併症の進行を促進させてしまいます。

 

 

この2つの生活習慣病の予防や改善には、共通点が多くあります。
まず、食事で糖質の摂りすぎに注意することと、適度な運動という、日々の生活習慣の改善が不可欠です。
とりわけ肥満は、糖尿病と高血圧と深い関係があるので、太っている人は減量を心掛けましょう。

 

画期的な食事法!荒木式糖尿病克服プログラムの詳細を見てみる