糖尿病とAGEの関係

最近は糖質の摂りすぎは糖尿病などの生活習慣病を招いてしまうなど、身体に悪影響を与えてしまうということも以前にくらべて、かなり広まってきているように思います。

 

 

特に、今は健康雑誌等にも多く取り上げれている、糖化という現象に注目が集まってきているのかな。
糖化とはご存知の方も多いと思いますが、糖質を摂りすぎることによって、体内に終末糖化産物という悪玉物質が作れることだといわれいます。

 

 

AGEは体の老化を早めて、全身の血管を痛めて様々な病気を招く原因物質ということが近年の研究で分かってきているようです。

 

 

AGEが身体に悪影響をなすのは、タンパク質に砂糖をまぶしたようなべとべとな状態になるからで、それが血管などにへばりついたり体の組織に沈着して溜まることで、動脈硬化や心筋梗塞といった糖尿病の合併症を引き起こしてしまうからでしょう。

 

 

更に、肌でも同じようなAGEの現象がおこれば、シミやたるみなどの原因にもなるといわれていますから、元気で若々しい体を保ちたいなら、食習慣に気をつけて、できるだけAGEの発生を防ぐようにしたいものですね。(^-^;

 

 

で、AGEは血糖値が上昇している状態のところに入ってくると発生しやすくなるといわれているので、血糖値を急上昇させない食事の仕方が重要になってくるかと思います。
ご飯やパン、麺類など炭水化物は食べるたびに血糖値が急上昇しますから食べすぎには注意が必要なのかな。

 

 

特に50歳以上となると、糖尿病になる人も次第に増えてきまから、老化と病気を防ぐうえでも、主食やお菓子などの糖質を多く含むものは出来るだけ避けたほうがいいでしょうね。
また、ステーキなどの肉を食べるときにも、ライスやパンは控えたほうがいいです。

 

 

血糖値が急上昇させたところに、肉のタンパク質を入ってくるようになるので、最悪の組み合わせともいえるかもしれません。
そういったことからも、断糖食は糖尿病の改善はもちろん、若さを保つ一石二鳥の療法なのかなと思います。('ω')ノ

 

 

スウィング歩行荒木式糖尿病克服プログラムの詳細を見てみる

 

関連ページ

断糖食が効果がある理由
お腹一杯食べられる!
肉食は肥らない!
断糖食の注意点
野菜をとらなくて大丈夫!?
お酒は飲んでもいいの?
乳製品の摂りすぎは注意!?
軽い運動をしょう!
卵を沢山食べよう!
野菜ジュースは糖まみれ
大豆加工食品を食べる時の注意点
カロリー制限食では合併症は防げない
赤身肉を食べよう!
糖尿病の薬と断糖食の効果の違い
代替食品を上手く利用しょう!
脂肪を賢く取ろう
断糖食はメタボにも効果的
GI値はあてにならない
独身男性でも出来る調理のコツ
神経障害があっても断糖食はできるの?
妊娠糖尿病にも断糖食は効果的
断糖食の血糖コントロールの効果
糖質禁断症状を乗り切る方法
糖尿病合併妊娠での食事療法
断糖には消化力が必要
糖質制限(断糖食)は腎臓や膵臓に負担はない
糖質制限の最大のメリットとは?
断糖食の経済的プラス面とマイナス面
運動で食後高血糖を抑えよう
糖質制限をすれば傷の治りが早くなる
糖尿病はストレスで悪化しやすい!?
空腹時こそ甘いものには手を出さない
崇高クリニックの入院患者の治療とは?
糖質制限は風邪の時はどうする
断糖食の調理の工夫
糖質制限は尿酸値が上がるのか?
加工食品を購入する際の注意点
断糖すれば3日で身体は変わる