運動で食後高血糖を抑えよう

軽い運動で食後高血糖を抑えることが出来るのをご存じですか?
既に断糖食を行って糖質制限を行っている方には、定期的な運動を心がけながら、ふつうの食事を多少織り交ぜても安心して食べることが出来ている方も少なくないようですね。

 

 

基本的には、糖質制限をされている方は運動は格別に必要ということはありません。
ただ、自宅で実行する時には、たまにはご飯やうどん、そばなどを食べたいという場合もあるでしょう。

 

 

そんな場合に便利なのが、有酸素運動の効果を利用することです。
通常、糖質を含む普通の食事を摂ると急激に血糖値が上昇しはじめて、30分から60分でピークを迎えるんですね。

 

 

その為、この時に散歩などを30分以上行えば、食後高血糖を抑えるのに有効と言われています。
個人差はありますが、60〜80mg下がるようです。
と言うことは、食事を始めてから30分後に、距離にして2キロから3キロ程度ほど歩くなどの軽い運動をすれば良いということです。

 

 

また、出来れば40分以上行うようにすれば、体脂肪を減らすのにも有効でしょう。
これを覚えておけば、食後高血糖を避けるのに上手く使えますね。

 

 

特に自宅での食事ではたいてい30分もあれば食べ終わりますから、運動を上手く使えば更に効果的に、気楽に断糖食を行って糖尿病を改善することが期待出来るでしょう。

 

 

この荒木裕先生のインスリンも薬もやめられた画期的な食事法【荒木式】糖尿病克服プログラム(DVD)では、食事療法はもちろん、室内でできる軽い運動などの仕方も紹介してあります。

 

血糖値を確実にコントロールする糖質を摂らない一番理に叶った治療法!

 

画期的な食事法!荒木式糖尿病克服プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

断糖食が効果がある理由
お腹一杯食べられる!
肉食は肥らない!
断糖食の注意点
野菜をとらなくて大丈夫!?
お酒は飲んでもいいの?
乳製品の摂りすぎは注意!?
軽い運動をしょう!
卵を沢山食べよう!
野菜ジュースは糖まみれ
大豆加工食品を食べる時の注意点
カロリー制限食では合併症は防げない
赤身肉を食べよう!
糖尿病の薬と断糖食の効果の違い
代替食品を上手く利用しょう!
脂肪を賢く取ろう
断糖食はメタボにも効果的
GI値はあてにならない
独身男性でも出来る調理のコツ
神経障害があっても断糖食はできるの?
妊娠糖尿病にも断糖食は効果的
断糖食の血糖コントロールの効果
糖質禁断症状を乗り切る方法
糖尿病合併妊娠での食事療法
断糖には消化力が必要
糖質制限(断糖食)は腎臓や膵臓に負担はない
糖質制限の最大のメリットとは?
断糖食の経済的プラス面とマイナス面
糖質制限をすれば傷の治りが早くなる
糖尿病はストレスで悪化しやすい!?
空腹時こそ甘いものには手を出さない
崇高クリニックの入院患者の治療とは?
糖質制限は風邪の時はどうする
断糖食の調理の工夫
糖質制限は尿酸値が上がるのか?
加工食品を購入する際の注意点
断糖すれば3日で身体は変わる