断糖食はメタボにも効果的

断糖食はメタボリック・シンドロームにも効果的なのをご存じですか?
最近は、メタボ検診と言う言葉も良く聞くようになってきましたね。これは既にご存じだとは思いますが、内臓脂肪がたまった肥満をベースに、高血糖、脂質異常(高脂血症)、高血圧などの症状が重なった状態がメタボです。

 

 

内臓脂肪は、お腹の皮膚の下にあって、手で摘むことができる皮下脂肪と違って、腸などの内臓の周りに溜まった脂肪で、エネルギーを単に貯めるだけではなく、様々なホルモンを生み出します。

 

 

そして、この内臓脂肪が貯まって増えてくると、インスリン抵抗性を強めたり、血圧を上げたりするホルモン等の分泌が増え糖尿病などの生活習慣病を引き起こしやすくするのです。

 

 

動脈硬化が促進され、心筋梗塞や脳梗塞なども発症しやすくなるので、出来るだけ早くに対症しなければいけません。
また、歳をとると女性などに付きやすい皮下脂肪は、内臓脂肪と比較すると生活習慣病を招くホルモンの分泌はわずかと少ないのですが、糖尿病にとって肥満自体が良くないんですね。

 

 

そして、この内臓脂肪が最もたまってしまう大きな原因が炭水化物の必要以上の摂りすぎなんです。特に白米やパンなど精製した炭水化物を食べ過ぎると内臓脂肪が貯まりやすくなってきます。

 

 

という事は、逆に言えば炭水化物などの糖質を多く含む穀物や野菜、果物等をを食べるのを制限すれば、内臓脂肪が減少してダイエットも出来て、メタボリック・シンドロームが引き金になって起こる糖尿病をはじめとした生活習慣病が改善してくるということです。

 

 

したがって、断糖食を行うことは、血糖値を正常にし糖尿病を改善するだけでなく、動脈硬化などで起こる様々な血管の疾患を予防することが出来るようになるのです。

 

関連ページ

断糖食が効果がある理由
お腹一杯食べられる!
肉食は肥らない!
断糖食の注意点
野菜をとらなくて大丈夫!?
お酒は飲んでもいいの?
乳製品の摂りすぎは注意!?
軽い運動をしょう!
卵を沢山食べよう!
野菜ジュースは糖まみれ
大豆加工食品を食べる時の注意点
カロリー制限食では合併症は防げない
赤身肉を食べよう!
糖尿病の薬と断糖食の効果の違い
代替食品を上手く利用しょう!
脂肪を賢く取ろう
GI値はあてにならない
独身男性でも出来る調理のコツ
神経障害があっても断糖食はできるの?
妊娠糖尿病にも断糖食は効果的
断糖食の血糖コントロールの効果
糖質禁断症状を乗り切る方法
糖尿病合併妊娠での食事療法
断糖には消化力が必要
糖質制限(断糖食)は腎臓や膵臓に負担はない
糖質制限の最大のメリットとは?
断糖食の経済的プラス面とマイナス面
運動で食後高血糖を抑えよう
糖質制限をすれば傷の治りが早くなる
糖尿病はストレスで悪化しやすい!?
空腹時こそ甘いものには手を出さない
崇高クリニックの入院患者の治療とは?
糖質制限は風邪の時はどうする
断糖食の調理の工夫
糖質制限は尿酸値が上がるのか?
加工食品を購入する際の注意点
断糖すれば3日で身体は変わる