乳製品の摂りすぎは注意!?

断糖食では、牛乳などの乳製品はたくさんとっていいのでしょうか?
牛乳には、カルシウムやタンパク質も豊富で良い動物性食品ですが、実は糖も少なくありません。

 

 

牛乳には、「乳糖」がかなり多く含まれており、これは赤ちゃんが成長するために必要な栄養になる成分の糖です。

 

 

普段からご飯などの炭水化物を主食にして多くとっている人には、甘さが良くわからないかもしれませんが、断糖食をしている人が牛乳を飲むと、甘さが良く分かり気持ち悪いと言います。

 

 

また、この乳糖はラクターゼという酵素が腸管にないと分解できない特別な糖で、大人にはこの酵素が少なくなりますが、赤ちゃんにはこのラクターゼが腸管にたくさんあります。
大人になり飲むと下痢をするということがあるのはその為です。

 

 

最近は、より甘いものを作ろうと牛に糖質である穀物類を多く餌として与えており、牛自体も血糖値が高くなっており、そこから取れる牛乳もたっぷりの糖を含んでいるので注意が必要です。

 

 

また、乳糖をあらかじめ分解して牛乳に入れて吸収しやすくしているものもあり、こうなると糖が溶けているだけと言わざるを得ません。
ですので、血糖値が高い方は控えた方が良いと言えます。

 

 

ですが、自宅で断糖食を続けて血糖値が安定してきたら、1日にコップ1杯程度なら栄養補助食品として飲んでも構わないと思います。
その他にも、ヨーグルトなどの乳製品も牛乳と同じと考えて、摂りすぎには注意した方が良いでしょう。

 

関連ページ

断糖食が効果がある理由
お腹一杯食べられる!
肉食は肥らない!
断糖食の注意点
野菜をとらなくて大丈夫!?
お酒は飲んでもいいの?
軽い運動をしょう!
卵を沢山食べよう!
野菜ジュースは糖まみれ
大豆加工食品を食べる時の注意点
カロリー制限食では合併症は防げない
赤身肉を食べよう!
糖尿病の薬と断糖食の効果の違い
代替食品を上手く利用しょう!
脂肪を賢く取ろう
断糖食はメタボにも効果的
GI値はあてにならない
独身男性でも出来る調理のコツ
神経障害があっても断糖食はできるの?
妊娠糖尿病にも断糖食は効果的
断糖食の血糖コントロールの効果
糖質禁断症状を乗り切る方法
糖尿病合併妊娠での食事療法
断糖には消化力が必要
糖質制限(断糖食)は腎臓や膵臓に負担はない
糖質制限の最大のメリットとは?
断糖食の経済的プラス面とマイナス面
運動で食後高血糖を抑えよう
糖質制限をすれば傷の治りが早くなる
糖尿病はストレスで悪化しやすい!?
空腹時こそ甘いものには手を出さない
崇高クリニックの入院患者の治療とは?
糖質制限は風邪の時はどうする
断糖食の調理の工夫
糖質制限は尿酸値が上がるのか?
加工食品を購入する際の注意点
断糖すれば3日で身体は変わる